子供 身長

子供の頃に感じていた自分の成長と身長について

大人になった自分が、子供のころを思い出したとき、
今思うこととはいったいどういったものなのか?

 

大人になり振り返ってみると、なんでそんなことを
気にしていたんだろうとか、どうしてもっとがんばって
こなかったのだろうか?

 

といったことって色々あると思いいます。
このサイトでは自身のお話しを紹介したいと思います。

 

小学校時代の自分

 

小学生というのは、まだまだ子供です。
だから大人から見れば、なんでそんなことをするの?
と思うようなこと、なんでそんなことを気にするの?
といったことをしてしまうものです。

 

その中でも一番、思い出すことというのが、

 

友達と違うことを嫌う

 

ということです。

 

皆と同じじゃなきゃヤダという意識が私は
とても強かったな〜と思います。

 

まずはみんながあのゲームを持っているからとか、
あのカードを持っているから欲しいというのは
たぶん私だけでなく多くの小学生はこういったことを思ったことあると思います。

 

みんなもっているんだから欲しい!

 

こういった気持ちが強かったので、親を大変困らせたと思います。

 

それ以外には、身長。

 

自分は身長がとても低く、身長順で並べば、
必ずと言っていいほど一番前。

 

今思えば、身長順で並んで一番前でもいいんじゃないの?

 

と思うのですが、やはりあの頃の自分は、なんでもっと
背が伸びないんだろう?
小さいままなんだろう?

 

といったことを考えて過ごしていました。

 

それ以外には、走るのが遅いといったこともかなり
気になりましたね。

 

あとは体が強くないほうだったということは
私だけでなく、親がとても気にしていました。

 

小学生の私としては、そのころは、まだ体が弱いとか
病気になりやすいといったことに対して、あまり
嫌だなとか気になるようなことはなかったのですが、

 

親がかなり気にしていたのを今でも覚えています。

 

そのためか、体の健康、そして成長という面においては
親がかなり気を使い、食事だったり、運動だったり
といった部分でいろいろさせられていました。

 

そのころは、正直、面倒だな嫌だなと思っていましたが、
大人になった今、思い出してみると、やはりあの頃に、
あれこれ親がしてくれたことがよかったのかなと
思うわけです。

 

親のありがたみというのは、やっぱり大人になり
実感するものですね。

 

ということで、このページでは、そんな私の身長が低かった、
そして体が弱かった私の体験談、そして小学生の頃に
こういったことに対して、どういったことを思っていたのか
ということについての記事を紹介しています。

 

何の役に立つかわかりませんが、もし子供のいる親で
子供の成長や子供の身長のことで悩んでいる人に
少しでも役経つ情報になってもらえれば幸いです。